www.festivalflyer.com
+44 7876 390065
hello@festivalflyer.com

FESTIVAL HIGHLIGHTS: (津軽三味線・民謡・太鼓)親子孫三代で福島県 飯舘村民慰問コンサート、父の寸劇に飯舘村民泣き笑い😂 Shamisen, Minyo, Taiko, Fukushima support concert

The best festival listings calendar, previews, reviews, and photos

FESTIVAL HIGHLIGHTS: (津軽三味線・民謡・太鼓)親子孫三代で福島県 飯舘村民慰問コンサート、父の寸劇に飯舘村民泣き笑い😂 Shamisen, Minyo, Taiko, Fukushima support concert



福島第一原子力発電所の爆発事故により村民全員の避難が指示された福島県飯舘村の村民の皆さんが滞在されている仮設住宅2箇所で2015年に行った慰問コンサートのハイライトです。
父、息子、私と、親子孫三代での初の共演となりました。

飯舘村は父の生まれ故郷であり、震災前は多くの親戚が在住しておりました。村民の皆さんに少しでも明るい気持ちになっていただきたいと、父が唄った福島県の代表的民謡 ” 新相馬節 ” は寸劇、詩吟、替え歌を組み込んだ父の故郷を愛する気持ちが溢れんばかりに詰まっております。

飯舘村は帰還困難区域を除いて2017年3月に避難指示の解除がされ、現在は”までいに”(じっくり、丁寧にという方言)をモットーに村の復興活動が行われております。

These are highlights from a concert held in 2015 at two temporary housing sites where villagers from Iitate village, Fukushima Prefecture were instructed to evacuate to due to the explosion at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station. It was my first ever performance with both my one year old son and father.

Iitate village was my father’s hometown and many relatives lived there before the earthquake. I sang the traditional folk song “Shinsoma bushi” from Fukushima Prefecture, because I wanted to brighten their day and encourage them. The song is full of feelings of love for my father’s hometown and the performance incorporates comedy skits, and other traditional songs.

The main exclusion zone around Iitate village was lifted in March 2017 and now the village is being re-inhabited, with many locals echoing the local motto ‘Madei ni’ which translates to slowly and carefully.

Filmed by Tomoyuki Tadano

(飯舘村について/about Iitate village)
https://utsukushii-mura.jp/map/iitate/
https://www.vill.iitate.fukushima.jp/site/kanko/1404.html

(Noriko Tadano / ただののりこ)
Noriko Tadano is an award-winning, virtuoso master of the Japanese shamisen (a 3-string, banjo-like instrument) and a traditional Japanese vocalist, who has performed all over the world. She has been playing shamisen since she was 6 years old and performs both as a soloist, as well as in collaborations. Noriko’s ability and drive to cross over between traditional and modern Japanese music has recently seen her perform with renowned world musicians as well as traditional Japanese artists.

6 歳より三味線を習い始める。日本語教師のアシスタント・プログラムの一環でメルボルンへ。オーストラリアの人々に日本文化を知ってほしいという思いから、三味線をパフォーマンスするようになる。路上ライブから様々なフェスティバルやコンサートなどに出演し、またブルースなど他のジャンルの音楽や楽器ともコラボレーションをするなど精力的に活動中。
2009 年、2011 年とシドニーのオペラハウスで演奏する。オーストラリア国内で数々の TV 番組に出演し、2012 年にはオーストラリアで人気番組の ’Australia’s Got Talent’ に上川ジョージ氏と出演しファイナリストとなる。オーストラリアのみならず他国(日本、ドイツ、フィジー、トンガ、ニュージーランド、カナダ等)での活動も行っている。
またオーストラリアで最初の津軽三味線グループ “シャミーズ” を2005年に結成し、日本古来の民謡や迫力ある津軽三味線の合奏に加え自ら作曲した歌を披露している。

Website♪
https://www.norikotadano.com/
Facebook♪
https://www.facebook.com/Noriko-Tadano-Official-Facebook-117639724992803/
Instagram♪
https://www.instagram.com/shamisen_noriko_tadano/
Apple Music♪
http://itunes.apple.com/au/artist/noriko-tadano/id292510841
Youtube Music♪
https://music.youtube.com/playlist?list=OLAK5uy_mgIlWuz04TFkHJ6zUK78FI8u44wR491lk

#福島
#飯舘村
#新相馬節
#Fukushima
#Iitate
#norikotadanoただののりこ
#津軽三味線
#shamisen

source

14 Responses

  1. uchi ura says:

    結婚式の余興に持って来い。

  2. Mikio Hirata says:

    私は母が飯坂温泉生まれで子供の頃は(6-7歳前後)よく福島に行って母方の親戚と有っていました。箱崎とかだんざき(伊達崎?)位しか覚えていないけど、いやーすらなかったない。
    のりこさんがふくすましゅっすんだとは。(ここでイントネーションもふくすま弁でやりたいね)
    とにかくこちらは73歳在米47年目に成ろうとしているじいじです。
    津軽三味線とジョージさんのブルースで更なる活躍、応援しています。

  3. 唐澤千鶴 says:

    娘さんの、三味線でお父さんの素晴らしい民謡と息子さんの太鼓、さぞ皆さん喜んでおられたことでしょう!これからも頑張って下さい。

  4. cozy comika says:

    スキーが好きで猪苗代周辺や南会津へよく行っていました 民謡や太鼓、三味線良いね👍😊

  5. JAPAN弥栄 says:

    ゴッド・タレントも凄く感激したけど、これは嬉しくて…お父さんいい男や。
    家族の皆様の優しさが染みて来る。

  6. Got Talentでただのさんのことを知り動画を拝見させて頂いております、青森大好き(ねぶたの跳人です)福島出身の者です!
    親子三代で福島復興にお力添え頂いているお姿を拝見し、思わずコメント致しました。
    素晴らしいエンターテイメントを福島に、さらにYouTubeで発信頂き感謝、感謝です。
    ※またお父様の訛りも懐かしく、私の父の話を聞いているような、温かな気持ちになりました。
    皆様のご健康と今後のご活躍を記念し、また楽しみにしております!
    (長文失礼致しました)

  7. 楽しく拝見しました面白いお父様ですね一家そろってエンターテイメント オーストラリアでの御活躍も拝見しております 今後も更なる活躍日本文化を世界に広めてください 楽しい動画ありがとございます

  8. 追記 : 日本語字幕も必要www

  9. Japanese Blues.
    私はパンク・ロックをこよなく愛する小人だが、きっとコレが原点なんだろうなぁ。

  10. Nice drummer!
    👏👏👏👏👏

  11. 久しぶりの投稿で待ってましたって感じです👌ほっこりして いつ聴いても癒やされます🤞

  12. レムさん says:

    スタンディングオベーション!  最高でした。 ありがとうございました。

  13. Taco Wasabi says:

    お父様は飯舘村の御出身でしたか、お父様の言葉は大阪育ちの私にはニュアンスは掴めましたが半分かりませんでした(笑)
    ですが御縁があったようで2014年から大阪生まれの私は福島県に引っ越し
    翌年の2015年には飯舘村の復興にお手伝いさせてもらい、福島県各地や最後のお仕事は飯樋村で拠点を半年過ごしました。
    それから大阪に帰る事なく郡山市で過ごしています。
    のりこさんのルーツが飯舘村にあったなんて驚きました、お子様も大きくなられたでしょうね
    さすがお爺ちゃん譲りのエンターテイナーですね、次の動画も楽しみにしています。

Leave a Reply

%d bloggers like this: